読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見よ残香は汝にのみ不可視である

俺が主に作業する班にはヒエラルキーが3段階あってボスが1人いてその下に熟練者2名がおり俺と遅刻常習者であり風呂に入らない岡本というヒキガエルみたいな笑い方をするのが見習いの扱いでボスから毎日ハンマーで頭蓋を殴られておる。先日作業をしている折、先輩の片割れに土日何してた?とやかましいことを聞かれ、プライベートな質問につき心境はやれやれな容態であったが、いつものようにパチンコの話をされるよりかはマシだと思い、土日は一切外に出ることなくアニメに興じておりましたと俺が丁寧に答えたところ、それを聞いた先輩は日本のアニメは全部見たよと嬉しそうに豪語してくるものだからおいオタク、どんなアニメ見るんよの探り合いスタートである。ギャグアニメが好きだと語る先輩に俺は問う。先輩、ぷにぷに☆ぽえみぃは如何でしたか。曰く、え、なにそれ。改めて問う。では、まじかる?ぽか〜んなどは如何でしたか。あれは良いアニメでしたねえ。復た曰く、それ見たことないわ。などと、埒の開かないやりとりをしていると監督者がやってきて、先輩に向かって岡本(その日1時間遅刻すると連絡を寄こしてきたのに2時間経っても来ていない)は本日はお休みです、あと岡本これからはもう来ませんので、と告げ、俺は横でそれを捕食された牛ガエルのような表情で聞いていた。ディン!ドン!である。目の前の見えぬところで死人が出た。首チョンパ、である。岡本は風呂にさえちゃんと入れば悪いやつではなかったし作業をするにあたって役に立つ人間ではあったので二度と来られないとなると惜しい気もしたが、あいつは風呂に入らないのでその点については死刑で良い。俺も過去に家に引き篭もり1ヶ月に一回しか風呂に入らなかった時期があったが、それゆえコンビニの店員にすこぶる嫌われたので、以来自分のにおいというものに恐怖心がある。身から出た錆はかちかち山のたぬきであり、人の精神に依る性質である。