読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

改悛は偏見の黴風なりや

 年末にHPで注文したパチョコンが来ない。正月に来月下旬まで待ってくれとメールが着たので、うむ、と頷いた。2月に来月上旬まで待ってくれとメールが着たので、待つことにした。3月となって白ヤギさん食べるお手紙すらもなくて餓死寸前。

 年明けを待たずして仕事をやめてからの鈴木の裕の太はどうだったか?君たちは知っとるか?

 まず1月は、俺にとって正月には実家に帰らなければならんという古めかしい風潮などはマサイの戦士がスマホに順応している実生活を、見よ、それは慣習と慣習の、帆の張られた船と船の間に掛けられた丸太の上を歩いて渡っている。しかし俺は帰ったんである。実家に帰って親戚一同を祝福し、親に4月に仕事辞めてこちらに戻ってまいりますと嘘を付いて来たんである。それまで東京に飽きてやろうという魂胆である。この時、貯金はたくさんあった。

 2月は、自分の価値を高めたい気分になった。人の価値とはなんぞや?君たちは知っとるか?俺は歯を人以上に白くしたいと思ったので、去年親知らずを抜いてもらった医院の電話をけたたましく鳴らし、愛の女神が持つ完璧な楽器のような調子で予約を取った。今度はきちんと予約をしてから行ったので、俺の人としての価値は高まった。歯のホワイトニングの前には一通りの治療を済ませる必要があり、俺に新たな虫歯が見つかってしまったので、歯を白くする前に歯を削って金属をあてがうことになった。君たちはジルコニアを知っとるか?銀歯は死んでも嫌だったので銀色ではなく白色の金属を詰めることにしたんだが、これは保険が効かない。なに、俺には貯金がある、ホワイトニングと合わせて歯に10万、自分磨きですしよろしいでしょう。この時、貯金はまだたくさんあった。俺は使うべきものに使うことを知っている。ファイアーエムブレムスマホゲーに課金もしたがな。

 3月は、やたら酒を飲んでいる。仕事を辞めた時に職場の人に下北沢の朝からやっている飲み屋を教えてもらい、頭から酒を浴びているような人々が集まる酔っ払いの終着点で、みんな泥だ。俺も泥になっている。

小学生の頃、雨の日に、通学路でどこから垂れたのか、油の滲んだ水溜りを見たことがあるだろう。あれは虹色をしていて目には麗しいが、汚染されている。酒を飲むというのはあれを啜るようなものだと思う。酔っ払いにも良い人悪い人があるが、若い人間で、オタクでなく、沖縄の出身で、酔っ払っている者は全て悪だ。アリストテレスが生き物を分類する上でこれをきちんと記述しなかったのはなんとも嘆かわしい。彼らは複数人で酒を飲むと絶対に金を出さない上に暴力沙汰を起こす。暴力は最悪だ。俺は直接被害に遭ってはいないが、後処理で苦労をした。これは俺の人間関係の希薄さから招かれた前史時代のいかづちである。火を初めて見る人間がどうして火傷を免れようか。貯金は少し減ったが、まだまだ余裕はある。しかし、オタク以外に迎合すべからずと、通帳食べた黒ヤギさんが鳴き出した。

 俺はオタクを愛しているんだと、しみじみ思った。